緊急避難にはモーニングアフターピル

避妊に失敗した際妊娠を避けるための緊急避妊薬には、インターネット通販での購入が可能なモーニングアフターピルという避妊薬があります。モーニングアフターピルは避妊に失敗した後でも服用することが可能で、望まない妊娠を防ぐことができます。代表的なものにアイピルと言う製品があります。
アフターピルは緊急避妊薬として知られていますが、女性はもちろん、男性もある程度知っておく必要があります。例えば、性行為の際、コンドームが破れてしまったなど避妊行為が失敗した時に使用するものです。通常、避妊をすることなく性行為を行った場合、排卵期前後に妊娠する確率は10%前後です。アフターピルを使用することにより、これを5%程度まで下げることが出来ます。避妊ができたかどうかは、生理の際に出血するか否かで判断できます。数日後から3週間程度で大勢が判明します。

3週間経っても出血がない、生理がこない場合には妊娠している可能性がありますので、妊娠検査薬で確認したほうがよいと思います。妊娠検査薬は市販でもあります。アフターピルを使用する際に気をつけることは、服用するタイミングです。説明書に記載されている飲み方を良く確認することが必要です。
大量に飲んだ際には副作用があります。通常量を服用してもピルが女性ホルモンを多く摂取するために吐き気や嘔吐が起きることがあります。それらの兆候を妊娠と誤認して、慌てて大量に摂取すると危険です。当然のことですが、すでに妊娠している人にはアフターピルは意味がありません。従って、妊娠しているか否か?を事前に妊娠検査薬などで確認する事をおすすめ致します。
また、性犯罪が増加しています。あまり想定したくはありませんが、万が一性交を強要されて避妊ができなかった場合などにもアフターピルについて知識があれば適切に服用して最悪の事態を避ける事もできますので、この際よく知っておいて頂きたいと思います。

最後になりますが、モーニングアフターピルは女性の体内のホルモンバランスを急激に変化させる薬です。大量摂取は肌へダメージを与える事を考慮しましょう。