病院以外でピルを購入するには

日本では、ピルはドラッグストアなどで販売されておらず、病院で処方してもらわなければいけません。
ピルは通販で購入可能で、個人輸入代行サービスを利用したりすれば入手可能です。海外のサイトから直接購入することもできますが、日本に配送していないケースや、日本で発行されたクレジットカードを使えないケースが多いので、個人輸入代行サイトの利用が無難です。
個人輸入代行サイトは、手数料等が必要ですが、通販のように利用できて便利です。ただし、海外からの取り寄せになるため、自宅に届くまで日数がかかります。ピルを注文する場合には、十分な余裕を持って申し込みましょう。
また、毎日服用するものなので、出来るだけ正規品や信頼できるサイトで購入してください。
ピルは送料込みで3000円位から販売されています。個人輸入の代行を行っている業者は、ネット通販のサイトを開設しています。購入方法は、普通のネット通販を利用する時と同じような感覚で購入手続きを行うことができます。商品説明などは全て日本語で書かれていますので、外国語がわからなくても大丈夫です。
もし無い場合はインターネットなどで日本語マニュアルを探すなど使用方法を理解した上で服用しましょう。また、持病があったり既往歴によっては、ピルの服用ができない場合もあるため、初回は病院で処方してもらうことをおすすめします。
サイトには効能や使用上の注意点などが詳しく書いていますので、しっかり読んでから購入することが大切です。
個人輸入でピルを購入した場合、外国から発送されますので、到着するまでに10日間程度の日数がかかります。
海外からの発送ですので、きちんと到着するのか心配になる人もいますが、荷物追跡のサービスを提供している業者もありますので、安心して利用することができます。
個人輸入を利用できるのは個人だけですので、荷物の到着先は個人の自宅であることが必要です。
受取人の住所が会社などの法人になっている場合には、関税の支払いが必要になる場合があるので注意が必要です。支払い方法はクレジットカード払いが主流になっています。