子宮内膜症に対するピル治療の効果とは

子宮内膜症は今、増えている女性特有の病気です。原因はまだ確定してはいませんが、剥がれ落ちた内膜が何等かの原因で、卵管を逆流する事で他の臓器で増殖するのではないかと、考えられています。内膜が子宮以外の部分で増殖するのが特徴で、生理痛が酷くなる、月経量が増えるといった症状が現れます。また、不妊にも繋がってしまう為、早めに治療する事が大切です。
子宮内膜症の治療に用いられる薬の1つに、「ピル」が挙げられます。ピルといえば避妊薬としてのイメージが強いですが、実は様々な病気の治療に用いられているのです。 ピルは「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」という、卵巣で作られる2つの女性ホルモンが主成分となっています。服用する事で内膜が厚くなるのを抑制する為、子宮内膜症の進行を抑える効果が期待できます。
「ピルは副作用が大きいから怖い・・」という女性も多いようです。 確かに以前、多く処方されていた高用量・中用量ピルの場合、女性ホルモンのバランスが急激に変化する為、強い吐き気や頭痛などの副作用を感じるケースもありました。ただ、最近はホルモンの量を少なくした、低用量のものを処方するクリニックがほとんどです。低用量のものなら服用しても、ほとんど副作用は現れませんし、もし吐き気や頭痛を感じたとしても服用を続ける事で徐々に症状は軽くなるでしょう。
子宮内膜症の治療でピルを服用するという場合、妊娠を希望しない方であれば、ずっと飲み続ける事がお勧めです。服用を続けていれば、子宮内膜症の症状が悪化してしまう事はありません。もし、妊娠したいと思う時期がきたら、服用をストップすれば良いのです。低用量であれば長期間服用を続けても、体に問題は無いとされています。
内膜症治療のためのピルでは、ホルモンの含有量が少ないため、副作用も少ないとされていますが、エストロゲンとプロゲステロンの影響により多少の体重増加が見られる人もいます。他に、むくみやニキビなどの副作用が起こることもあります。軽減のためには、塩分の多いラーメンや揚げ物などを避けるなど食生活のコントロールも大切になります。