美容効果にもいいピルとは

にきび ピル(低用量ピル)は、一般的には避妊薬として知られていますが、実は避妊以外にも美容効果が期待できます。美容効果にもいいピルとは、どういう薬なのかについて、ご紹介します。ピルには、ニキビをできにくくさせる効果があります。ニキビには、黄体ホルモンの存在が大きく影響しています。生理前になると、黄体ホルモンの量が上昇し、皮脂分泌を活性化させるためにニキビなどができやすくなります。ピルは、こうした黄体ホルモンの働きを抑えるために、肌トラブルを改善する効果がきたいできるのです。

またピルは、月経周期をコントロールすることができます。ピルを飲むと、月経周期は規則正しく28日周期になり、生理不順が解消されます。前もって調整すれば生理をずらすこともでき、旅行などの予定が立てやすいというメリットもあります。
さらにピルは、月経に関するトラブル(月経痛、PMSなど)を緩和させる効果があります。
それまでひどい生理痛に悩まされてきた人は、ピルを服用することによって、軽減するケースが多いようです。出血量も少なくなるため、生理中の貧血状態の改善も期待できます。
用途は変わりますがピルにはアフターピルという緊急避妊薬も存在します。低用量ピル・アフターピル共にピル 通販で購入可能となっております。
ピル通販のメリットを詳しく解説

普段の生活が妨げられるほどの症状がひどい場合を「月経困難症」といいます。10代では子宮が未成熟であるために起こりやすいのですが、20代を過ぎてもつらいようであれば、子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンによるものと考えられます。プロスタグランジンは本来、出産時に陣痛を起こす物質で、臓器をギュッと収縮させる働きがあります。
痙攣性の腹痛を、この低用量ピルの服用によって、軽くすることができます。生理の出血量については、2周期以上低用量ピルを服用することにより、出血が43%減少したという報告があります。ピル・ユーザーからは、ナプキンの使用量が格段に減ったという話がよく聞かれます。

肌荒れ解消にもピル

肌荒れを気にする女性 ピルは避妊のために服用するものという常識は変わりつつあります。ホルモンバランスの崩れでニキビや肌荒れに悩む人のあいだで、低用量ピルを用いて症状を改善する人が増えています。ホルモンバランスが崩れると男性ホルモンが増え、皮脂の分泌量が増えて毛穴が詰まりやすくなり、肌荒れやアゴ付近のニキビの原因となります。

こうした肌荒れはサプリや化粧品では改善しにくく、ホルモンバランスを正常に戻す必要があります。この様な場合にもピルが有効であると注目が集まっています。低用量ピルは通販や個人輸入でも入手することができますが、一度は婦人科できちんと診察を受けたうえで処方してもらうと安心です。医師の診察で適したピルや併用すると効果があるビタミン剤などを処方してもらうと、より効果があり、自分の体にあったピルを服用することができます。

また、肌荒れ解消のためにピルを利用していると、月経前のイライラも解消されるケースもあります。こうした肌荒れや月経前のイライラは総じて月経前症候群PMSと呼ばれるもので、ホルモンバランスの乱れが要因となっているため、肌荒れ解消だけにとどまらない嬉しい効果もあるのが特徴です。

避妊以外のピル効果

ピルを勧める女性医師 避妊目的で飲むことの多いピルには、避妊以外にも様々な効果があります。主に、生理に関係した効果、ホルモンバランスの改善による効果、排卵を抑えることによる効果、長期服用による効果などです。
生理に関係した効果には、月経不順の改善、生理痛の軽減、出血量の減少による貧血改善、子宮内膜症の予防と改善などがあります。ピルを服用することにより子宮内膜が厚くならないうちに生理が起こります。子宮内膜が厚くなることは受精卵を着床しやすいだけでなく出血量や生理痛にも関係しています。
子宮内膜が厚くならないことにより出血量が減少し、子宮収縮を促す物質の分泌も減ることから生理痛の軽減につながります。また、子宮内膜症にかかりにくくなったり、子宮内膜症になっている場合では進行を食い止められる可能性があります。

また、生理周期が規則正しく28日周期となるため、生理日の予定がたちやすく、旅行や試験などのイベント時は便利になります。更に、1ヶ月以上前から調整することで、生理日をずらすことも可能です。
また、ピルには、女性ホルモンが含まれているため、ホルモンバランスの改善により月経前症候群の軽減、ニキビや多毛などの改善、更年期症状や骨粗鬆症の予防につながります。
ピルによりホルモン状態を安定させることができるため、これらの効果も期待できます。

排卵を抑える効果には、卵巣がんの予防や卵巣嚢腫の減少、子宮外妊娠の減少などがあります。排卵による卵巣の損傷が減るため、卵巣に発生する病気である卵巣がんや卵巣嚢腫などのリスクを低下が期待できます。
また、子宮頸管粘液が変化することで、精子だけでなくウイルスや細菌が子宮へ進入することを防ぐことができるため、卵管炎や骨盤内感染症などの不妊の原因になる病気にかかりにくくなります。